福山雅治さんの虹の心地良さと素晴らしさ

福山雅治さんの曲と言えば桜坂しか知らなかった私ですが、当時放送されていたドラマのWATER BOYSを見て、この虹という曲を知りました。主題歌として流れていたのですが、爽やかなドラマにピッタリと合っていてスーッと耳に入ってきたのです。

福山さんの曲がどうしてこんなにも耳に入ってきて心地が良いのかを一度考えたことがあるのですが、声はもちろんのこと使われている音の高さにも秘密があるのではないかと感じました。カラオケで福山さんの虹や桜坂を歌うと私でも楽に歌えるような音の高さなのです。このあまり高い音を使わないというのが心地良さなのかなと思っています。

もちろん、福山さんの声質や歌い方があって成立するものであって私が歌ってもその心地良さは当然でてきません。ですが、歌いやすいという点では沢山の人に歌われ愛される理由の一つなのかもしれません。特に虹はミディアムテンポからサビではアップテンポのような爽快感がありながら音が高くないので歌っていてとても心地がいいのです。聞いていて心地が良いのは当然のことですが、より身近に感じられるのが好きになっていくきっかけでもありました。

当時発売されたCDはパソコンに取り込んでいるのですが時々、表紙や中身が見たくなることがあるので、その度にCDを取り出しています。今もなお第一線で活躍されている福山さんの素晴らしさは虹が発売された昔から新しい曲を発売されている今でも変わらないと強く感じています。