PeakySALTのイトシセツナナミダ

あまり聞いたことのないアーティストだと思います。
というのも、活動期間もかなり短かったアーティストで、CDもシングルばかりで、あまり売れてはいませんでした。
注目してほしい点は、ボーカルを務めている人が、あの三浦友和山口百恵の息子さんなのです。
現在は一人で活動をしている三浦祐太朗さんなのですが、このバンドではユウとして活動していらっしゃいました。
私はこのPeakySALTでの曲が好きなのですが、ちょっと気だるい感じに歌っているところとかいいなと思っています。
イトシセツナナミダでメジャーデビューしたのですが、デビューしたばかりの際にラジオ主演したのを聞いたことがこの曲を知るきっかけでした。
学生の恋愛の歌なのですが、誰もが経験したことのあるようなちょっと切ない恋模様を歌っています。
なんとなく懐かしい感じもあって、ふと流れていたら聞いてしまう歌です。
現在はバンドとしては、メンバー同士の方向性の違いによって活動を休止していますが、個人的にはとてもいい曲でしたので、もう一度活動してもらいたいなという気持ちが強いです。
CDのカップリングソングには「僕なりのラブソング」、「There'sNoOtherWay」の2曲が入っています。
この二つの曲もやはり気だるい感じの歌なのですが、力加減が抜けていてかっこよさを感じます。
最後の「There'sNoOtherWay」に関しては英語ですべて歌っているのですが、それもまた良いと思える音楽です。