椎名林檎『無罪モラトリアム』

このアルバムは、1999年にリリースされた椎名林檎の1stアルバムで、初期の椎名林檎の魅力が詰まった今でも多くの人たちの間で愛されている名盤だと思います。

まだこのときは椎名林檎自体が10代で、初期衝動の様な荒っぽさがありながらも、彼女が持つ独特な歌声と抜群のメロディーセンスが垣間見ることができます。

このアルバムの中には現在でも人気ある名曲がずらりと並んでいるのですが、3曲目の『丸の内サディスティック』は特にファンの間でも人気がある楽曲で、せわしなく動き続けている東京というものを上手く表現した詞だと思います。

夕焼けとかによく似合う哀愁感があるのです。その後に続く4曲目の『幸福論(悦楽編)』も大好きな一曲です。

この曲は元々シングルがリリースされていたのですが悦楽編という名前でリメイクされています。

シングルバージョンの『幸福論』ももちろん良いのですが、個人的には、初期衝動あふれる疾走感のアルバムに収録されている悦楽編の方が好きです。

10代の女の子が幸福というテーマについてがむしゃらに叫んでいる姿が目に浮かびます。

このアルバムではプロデューサーとして亀田誠治を迎えており、後に東京事変で同じバンドになるのですが、デビュー当時から関わりがあった2人が組んだら、あそこまでのモンスターバンドになるのはうなずけますね。

椎名林檎というアーティストの原点として現代でも多くの人の心を動かすことができる名盤だと思います。