ダウン・ヒア・オン・ザ・グラウンド

お気に入りのこのアルバムは、ウェスモンゴメリーをフィーチャーしたジャズの インストラメンタルの部門に入ります。
お気に入りの要素は、16ビートから2ビートまでの曲がある中で全体の曲調が何か、懐かしさや郷愁がこみ上げてくるようで、心地良いからでしょうか。
全10曲の中には、ウェスオリジナルの2曲もありますが他は、映画で使われた曲や ミュージシャンが好んで演奏するような、ウィンドソングやわが心のジョージアも 入っていたりします。

それはまさに、ウェスの、ギターテクニックやバラード調をも弾きこなすアドリブの技を、余すことなく楽しめる選曲になっていると思います。
中でも個人的に好きでお薦めしたいのは、ウェスのアドリブが冴えわたる3曲目の アザー・マンズ・グラス、懐かしい場所へ誘われるような7曲目のあなたに祈りを、 そして9曲目のノウ・イット・オールがあります。

特にテンポがボサノバ調の9曲めは、後で解説を見てみると、ブラジルの作曲家=ジョアン・ドナートが作った曲だと知り、だから心地良いのだと分かりました。

偶然にも近年になって、気になる曲をリサーチしていて見つけたのが、そのジョアンの曲だったから驚きです。
この一冊のアルバムの完成度を高めているのには、脇を固めるミュージシャンが いるからに他なりません。

ベースのロンカーターにピアノはハービーハンコック、ドラムはグラディ・テイトというなんとも贅沢なコンボになっています。

彼らも完全に主役級なのでそれぞれのパートでアドリブも聞けるかと思いきや、そうはいきません。このアルバムではあくまで、ウェスの演奏を引き立てることに徹しているようです。

しかし、ハービーハンコックが音繋ぎの間に見せる、軽やかな旋律やバッキングの技術が光る箇所が随所に散りばめられてある曲も何曲かあり、つい引き込まれます。
CDというのは、全曲のうちで3,4曲が気に入れば買って良しと勝手に解釈してますが、このアルバムは、タイトルのダウン・ヒア・オンザ・グラウンドを含め、3と7そして9曲目が光っているので、大満足なCDとなっています。