ろくなもんじゃねぇ:長渕剛

昔は長渕剛さんの音楽に興味は無かったのですが、今では嵌ってしまってます。

きっかけは友人が貸してくれた1枚のCDだったのですが借りたCDよりもその後に発売された「ろくなもんじぇねぇ」は衝撃的でした。


本人主演のドラマ主題歌でしたが、まずタイトルが「ろくなもんじゃねぇ」って聞いたことがありませんでした。ストレ-トなタイトルに驚き、更に歌いだしが「ピ-ピ-ピ-、ピ-ピ-ピ-...」の繰り返しで最初は馬鹿にしているのかなと笑っていましたが、中身の歌詞はタイトルや歌い出しとは異なりとても繊細で心の中にあるもどかしさや悔しさを表現出来ない苛立ち等、当時の自分自身にとても当てはまる内容でした。

特に歌詞の2番は最高は心に衝撃が走るほど響いたのを今でも忘れません。「思いやりと優しさが腐る程、鼻について殴ったあいつの頬、握りしめた拳はやり場の無い、俺の心にいつしか突き刺さってた、どこかで誰かが俺を待っててくれる...」とあります。

きっと誰かが今の自分の気持ちを理解してくれる。心の奥にある何とも言い難いやるせなさをこれしか無いという言葉で表現してくれたこの歌詞は30年程たった今でも私の心の中に浸みています。

歌詞を絶対に忘れないのもそれだけ強力に心に打ちつけられたのだと思います。今も当時以上に心惹かれる歌はありません。ふと何かやるせない気持ちになるときは必ずこの歌を口ずさんでしまいます。歌詞最後の「ろくなもんじゃねぇ」も強烈に覚えています。