チェッカーズのCDをよく聞きます

私はチェッカーズが好きでした。

今でもCDはよく聞きます。

特に星屑のステージがお気に入りです。

でも僕が思うんですがオリジナルにしてからのチェッカーズはどうも好きになれません。

ただ、フミヤの押し付けにしか聞こえないんです。

高杢も1曲CD出しただけで失格の烙印を押された。

僕が感じるに、みんなチェッカーズが好きというよりかはフミヤが好きであってチェッカーズが好きなわけじゃないって感じがするんです。

だからこそバラバラになってしまったように感じるんです。

しかもフミヤは晩年のチェッカーズの時、星屑のステージの歌の高低をあえてずらした感じを受けるんです。

他のなら普通に今でもそれほど変わっていないと感じるのになぜかこの星屑のステージだけは違うんです。

 

多分オリジナルに行く前、最も人気が出たCDだけにそうしたんだと思います。

オリジナルに移行するまで作詞と作曲をしてくれた人に対して激しい不満を持っていたそうなんです。

だからこそもっともヒットしたこの星屑のステージのイントネーションを変えて歌うといった真似をしたのではないかと思うんです。

よく当時のファンが言ってたのはオリジナルに移行する時も解散をした時もフミヤにおんぶにだっこ状態だったというんです。

だからこそこんな真似をしたんだと思います。

 

フミヤは解散後に暴露本を出しました。(まあ、高杢も出しているのですが)

その時点からしてよくもまあこんな真似ができたなって思います。