瞑想や癒し系音楽CDで入浴リラックス

最近、普段の入浴とは別に、完全にぬる湯を楽しむために休日や空き時間に風呂場に居座るのが気に入っています。

きっかけは全身で浸かる特殊なカプセルの記事を目にした事です。外からの光や音を遮断する専用のカプセルの中に入って

人肌と同等の液体に全身を浮かべていると、普段使っている五感のほとんどが刺激を感じなくなり

母親の胎内の中にいるときと同様の感覚になるとか、深い瞑想に近い精神状態になるとか、そのような説明があったように覚えています。

大掛かり過ぎて専用の機材は個人で簡単に買えるものではなく、研究段階なので体験出来る施設もほとんどないという話でしたが

ふとかなり近い状態ならば自宅でも作り出せるのではないかと思い立ち、実行に移してみたのです。

まずなるべく静かな時間帯、平日なら深夜、休日なら周囲が出払った昼下がりくらいを見計らって準備を開始。

風呂のお湯は入っていても熱くも冷たくもない体感を重視してのぬるめに設定して、

余計な刺激を受けないようさら湯のまま、香りや肌への刺激が追加されそうな入浴剤は入れたりしません。

そのまま脱衣したら風呂場の電気を消して入り、薄暗い中で肩までしっかり湯に浸かったら

あとは何も考えず、自分の呼吸や心音を意識しながら大きく深呼吸するように息をするだけです。

そして時々、癒し系の音楽のCDをかけたりもします。

前述の研究のような効果が本当に出ているかどうかまでは分かりませんが、自分の主観では

とてもリラックスした時間がすぐに過ぎていってくれるような気がしています。