GLAYのCD

GLAYの秘話ご存知かと思いますが、知らない方も中にはいらっしゃるかと思い提供します。

元々、彼らは北海道出身で高校時代からの友人でTERUとTAkUROUが出逢ったことがきっかけでした。

後にライブハウスなどで、JIRO、HISASHIに出会います。

ファンの中ではRAINという曲をきっかけに大きく飛躍します。

その曲はX-JAPANYOSHIKIがプロデュースしたからです。

ですが、実はこの曲。ファンもGLAY自身もあまり好ましくなく思い

RAIN GLAYver.があるのはその為です。

MISSING YOUはTAkUROUの大切だった人が亡くなった為に作られた歌など。

GLAYの一曲一曲が探してみればみるほど、意味があり、それぞれの想いがあります。

ネタ内容が間違えていましたら、申し訳ないですが、GLAYファンの方に聞いただけでもこれくらい出てきます。だから彼らは愛されているのかと思います。

ずっと2人では、GLAYのTERUの姉が結婚する為に贈られた歌や、SAY YOUR DREAMは斬新なアイデアで、約15分ほどの一曲の仕上がりとなっております。

長く作った理由としてはまだ誰もしたことのないことを作ろうとの理由からでした。

今でも音楽の最前線で活躍されている彼らには胸打たれる曲が結構ありますのでお時間ありましたら

聞いてみてはいかがでしょうか?

おすすめCDアルバム

星野源さんのアルバム「YELLOW DANCER」がおすすめです。

ミュージシャンとしてだけでなく、役者や文筆業もしているということは知っていましたが、実際、私がいちばん印象としてあるのはNHKの番組「LIFE!」でコントをしている人、という認識でした。でも、ウェブや雑誌の音楽関係の記事を目にすることも増えて、では、本業の音楽のほうも聴いてみようかと手にしたのがアルバム「YELLOW DANCER」でした。

 一聴して、このところの人気の高さ‥‥‥若い女の子のファンが多いようですが、耳の肥えた音楽ライターさんたちからも評価が高い理由がよくわかりました。

 聴きやすく、すぐに耳になじむメロディラインとボーカル。ことにボーカルの声がふつうに話すときの声と変わらず、歌詞のことばがきちんと届いてくるというのが私が気に入った点のひとつです。

 また、サウンドはポップでありながら、歌詞は意外に「毒」もありネガティブなことも当然のように歌っていて、聴き込むほど深い思索に満ちたものであることもわかります。

 コントではひょうひょうとして、いわば「ゆるキャラ」なようにも見えますが、この「音楽」にこそ、その本領が発揮されているのだと発見しました。

 大人の音楽好きにもおすすめできる作品だと思います。

チェッカーズのCDをよく聞きます

私はチェッカーズが好きでした。

今でもCDはよく聞きます。

特に星屑のステージがお気に入りです。

でも僕が思うんですがオリジナルにしてからのチェッカーズはどうも好きになれません。

ただ、フミヤの押し付けにしか聞こえないんです。

高杢も1曲CD出しただけで失格の烙印を押された。

僕が感じるに、みんなチェッカーズが好きというよりかはフミヤが好きであってチェッカーズが好きなわけじゃないって感じがするんです。

だからこそバラバラになってしまったように感じるんです。

しかもフミヤは晩年のチェッカーズの時、星屑のステージの歌の高低をあえてずらした感じを受けるんです。

他のなら普通に今でもそれほど変わっていないと感じるのになぜかこの星屑のステージだけは違うんです。

 

多分オリジナルに行く前、最も人気が出たCDだけにそうしたんだと思います。

オリジナルに移行するまで作詞と作曲をしてくれた人に対して激しい不満を持っていたそうなんです。

だからこそもっともヒットしたこの星屑のステージのイントネーションを変えて歌うといった真似をしたのではないかと思うんです。

よく当時のファンが言ってたのはオリジナルに移行する時も解散をした時もフミヤにおんぶにだっこ状態だったというんです。

だからこそこんな真似をしたんだと思います。

 

フミヤは解散後に暴露本を出しました。(まあ、高杢も出しているのですが)

その時点からしてよくもまあこんな真似ができたなって思います。

瞑想や癒し系音楽CDで入浴リラックス

最近、普段の入浴とは別に、完全にぬる湯を楽しむために休日や空き時間に風呂場に居座るのが気に入っています。

きっかけは全身で浸かる特殊なカプセルの記事を目にした事です。外からの光や音を遮断する専用のカプセルの中に入って

人肌と同等の液体に全身を浮かべていると、普段使っている五感のほとんどが刺激を感じなくなり

母親の胎内の中にいるときと同様の感覚になるとか、深い瞑想に近い精神状態になるとか、そのような説明があったように覚えています。

大掛かり過ぎて専用の機材は個人で簡単に買えるものではなく、研究段階なので体験出来る施設もほとんどないという話でしたが

ふとかなり近い状態ならば自宅でも作り出せるのではないかと思い立ち、実行に移してみたのです。

まずなるべく静かな時間帯、平日なら深夜、休日なら周囲が出払った昼下がりくらいを見計らって準備を開始。

風呂のお湯は入っていても熱くも冷たくもない体感を重視してのぬるめに設定して、

余計な刺激を受けないようさら湯のまま、香りや肌への刺激が追加されそうな入浴剤は入れたりしません。

そのまま脱衣したら風呂場の電気を消して入り、薄暗い中で肩までしっかり湯に浸かったら

あとは何も考えず、自分の呼吸や心音を意識しながら大きく深呼吸するように息をするだけです。

そして時々、癒し系の音楽のCDをかけたりもします。

前述の研究のような効果が本当に出ているかどうかまでは分かりませんが、自分の主観では

とてもリラックスした時間がすぐに過ぎていってくれるような気がしています。

ギターで音楽を楽しむ

私の趣味は音楽です。特にギターを弾くことが好きです。ギターにも色々種類がありますが、アコースティックギターです。アコースティックギターのいいところは、アンプなどの機器を使わずに、たった一本のギターだけですぐに弾けるという点でしょうか。

音量に関しても、弦を弾く強さで調節できますので、近所迷惑にならない程度に自分で調節して引けば問題ありません。

普段仕事から帰ってくるのが、かなり遅い時間になってしまいますので、どうしても休日しかさわることが出来ません。

だからこそ、休日の過ごし方というのは非常に大事に考えています。

友人知人と出かける予定もたまにはありますが、私の場合はもっぱらギターをさわっています。

誰かに教わったりしたことが無く、完全に自己流ですが、本をみたり、上手い人の動画を見ながら真似をして、同じように上手く引けたときの快感はたまりませんね!

ただ、週に一度程度だと指がスムーズに動くまでに一時間くらいはかかります。

本当は毎日少しでもさわるのが一番いいのですが、それでもこの週に一度のギターの時間は私にとってとても大事な時間です。

気づけば午前中から薄暗くなるまで弾いているときもあるくらいですから。

ギター自体も大昔買った2万円程度のものですが、それが一週間をリセットして次の日からまたいい気持ちでスタートさせてくれる大事なアイテムになっています。

お金がかからず、この先何十年も私にとって大事なパートナーになるであろうたった一本のギター。とても良い趣味に出会えたことに感謝の気持ちでいっぱいです。