Pia-no-jaCの「風神雷神」は運転時の気合入れに最適

Pia-no-jaCは、ピアノとカホンの2人によるインストルメンタルユニットです。
ピアノの担当はHAYAO、カホンの担当はHIROで、2005年に結成されました。
カホンというのは聞きなれない楽器名だと思いますが、ものすごく簡単に言うと「箱」です。それを、手のひらで叩いて音を出すという、超シンプルな打楽器です。最初のうち、私はPia-no-jaCの曲を聴いている時に、本当にカホンが必要なのだろうか、と思ってもいましたが、その音がないことを想像すると、やはりワサビがない刺身のような、物足りなさを感じることに気づきました。ピアノだけだと後述しますが、Pia-no-jaCの音楽の持つ「疾走感」のようなものが出ないのです。
さて、そのPia-no-jaCの私のお気に入りのアルバムですが、ユニットにとっては2枚目のオリジナルアルバムになる、2009年に発売された「風神雷神」です。
特に、その中の最初の1曲の「台風」は、このユニットの特徴である、「美しいメロディとあいまった疾走感」が非常に感じられて、この曲が流れだすとたん、自分の中の血がものすごい速さで巡り始めるのと実感します。
特に、一番よく聞くのが、車を運転している最中で、それも仕事帰りに(車通勤をしているのですが)、何か仕事中に嫌なことがあった時、あるいは逆に仕事が非常にうまくいって高揚している時に、このアルバムをカーオーディオでかけます。すると、その疾走感のある音楽によって、嫌なことがあった時にはそれを吹き飛ばして「どうにでもなれ!」というストレス発散ができますし、逆に仕事がうまくいった時には、その高揚感をさらに増してくれ「明日もやったるで!」という気合の入った気分になるのです。
そのあとの曲も、時折はさまれる、美しいピアノバラードにもうっとりしますが、基本的にはピアノの美しいメロディと、カホンの叩かれるリズム感、そしてその両方から生み出される疾走感は変わらず、アルバム1枚を聞いている間、非常に高揚感に包まれる感じがします。
Pia-no-jaCはほかにも、ドビュッシーなどよく耳にするクラシックをPia-no-jaC風にアレンジして演奏する「EAT CLASSIC」シリーズなどのアルバムもありますが、これも名曲に疾走感を入れ込んだ、全く新しい曲になっていて、聞いていて非常に楽しいです。
いずれにしてもぜひ聞いていただきたいユニットであり、アルバムです。

スティービーの名曲「アナザー スター」

スティービーワンダーと言えば大御所中の大御所!
数多くの名曲、ヒット曲があります。
その中で、私の一押しをあえて挙げると知れば「アナザー スター」です。
歴史的な名盤「キー・オブ・ライフ」に収録されています。
発売当時「キー・オブ・ライフ」はLP2枚+EP1枚という形でした。
もちろん、今のように試聴などはできず、買ってはみたけど気に入る曲が少なかったら…と当時の私は迷いました。
それでも、不安より期待が勝り、お小遣いをはたいて購入したのです。
その中で出会ったのがこの「アナザー スター」です。
胸がぎゅっと締め付けられ、じっとしていられない気持ちでした。
楽曲におけるバックコーラスの重要性やカッコ良さを教えてくれたのもこの曲でした。
イントロは、パーカッションとピアノのシンプルだけれど力強いサウンドで始まり、バックコーラスと他の楽器が加わっていきます。
そして、スティービーの伸びやかな歌声が聴こえてきます。
メロディは短調長調とが交互にやってきて、それがまたとても効果的です。
イントロ部分のバックコーラスとリズムは、この曲を一貫して流れるテーマのような役割を果たしていて、スティービーの歌声との絡みも絶妙です。
ブラスパートも実に良いタイミングで入ってきます。
レコードは簡単に頭出しできないので、傷をつけないように気を付けて針を落とし、この曲を繰り返し聴きました。
その後CDとなった「キー・オブ・ライフ」も購入しました。
数十年たった今も、ときどき無性に聞きたくなります。
ずっと輝きを失わない名曲です。




ロバータ・フラック&ダニー・ハサウェイ

ロバータ・フラックダニー・ハサウェイ」は、アメリカのR&B歌手であるロバータ・フラックダニー・ハサウェイが連名で発表したスタジオアルバムで、この発表時期は1972年です。
ロバータ・フラックは、日本においては「やさしく歌って」「愛は面影の中に」などで有名なシンガーです。

一方ダニー・ハサウェイはローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第49位である偉大なシンガーソングライターです。


全10曲収録されたこのアルバムでは、有名なキャロルキングの楽曲である「You've Got A Friend」や、ソウルの女王として不動の地位を築いているAretha Franklinの「Baby I Love You」のカバーが収録されているほか、Nat King Coleなど王道ジャズシンガーが歌ったことで有名な「For All We Know」のDonny Hathawayバージョンが収録されています。

どの楽曲も70年代らしいソウルミュージックを代表するサウンドになっていて、ロバータ・フラックダニー・ハサウェイ両名の調和したボーカル、演奏ともに心に響くアルバムになっています。

「For All We Know」はNat King Coleを超えたもう一つのオリジナルとも捉えられているので、聴き比べをしてみると違った楽しみ方ができるかもしれません。

そのほか、「Where Is The Love」や「Be Real Black For Me」などもおすすめしたい名曲です。

ソウルミュージックを気軽に感じたい方には、ぜひ一度聴いて欲しい1枚になっています。

真夏に聴くCD 矢沢永吉氏の…PM 9…

「酷暑」
近年の夏。

今年の夏もなんでしょうね。

それならば、また、あのCDの出番です。酷暑であればあるほど聴きたくなるCDのアルバム。

そんなアルバムが、私にはあります。

矢沢永吉氏の…PM 9…が、それです。
夏日、ハードワークを終えて、帰宅。

シャワーをくぐって、キッチンでビール。

その時これを、聴くのですが。「いやぁ、夏って良いよね、暑さも、なかなか」て、気分になりますよ。

発売されて、もう何年?1982年の発売ですから、35年前ですね。

そんな昔のアルバムですが、全く、色褪せてない。出だしギターソロの「With out you」から始まり、途中、資生堂のCMソング「LAHAINA」、、夏の曲ですよね。

LAHAINAて海辺、常夏のリゾート地だったとは、最近知った私です。

セレブが集う街らしいです。

成り上がったセレブの矢沢氏が、歌う、、、ぴたりきます。

うっとり続けてきいて、ラストから、二曲目に名曲「YES MY LOVE」これもCMソングでした。

コカ コーラ。マイクターンの映像。思いだします。

動画サイトで、後から見たりして。

そして、ラストが「NETTAIYA」(熱帯夜)けだるーい、雰囲気で、でも、男っぽさ全開で永ちゃん、歌い上げていてね。

「今日も♫熱帯夜かなあ?」とか、考えながら。一緒に「やけたまちに続くNettaiya」て、この曲にさしかかる頃からの、ほろ酔いで、一緒に口ずさむ。

結構、大きな声で歌ったりして、それだけで、夏を満喫している気分になってます。

これを書いていて、なんとなく、今から夏が、楽しみになってきている私です。

Tank!でアニメのOPソングとわかった人は多分いなかった

一人暮らしをしていたころ新聞も取らず、
ゆえにテレビ欄で何をやっているかも微妙に知らなかった時期があります。
で、テレビを何となくつけっぱなしにしながら料理か片付けか分かりませんが
何らか日常的な雑多な作業でテレビの前を離れていたところ、
突然テレビからけたたましくてやかましく、
それでいて凄まじくノリのいいジャズっぽいブラスサウンドが。

効きなれない音楽ながらも個人的に相当好みの曲調だったため
何となく作業を中断してテレビの前に歩み寄る私。
てっきり何かバラエティ番組かCMでも始まったのかと思いましたが
画面の様子がどうも妙、スタイリッシュな映像にクレジットらしきものが。
これは何かの新曲のミュージックビデオ……いやまさか、アニメのOP?!

テレビの情報を断っている=アニメの情報も必然的にカットオフと言う事で
まさかこんな度肝を抜くアニメが始まるとは思っても見ませんでした。
アニメのタイトルは『カウボーイビバップ』、
そのOP曲のタイトルは『Tank!』というものらしいです。

SF世界の荒々しい賞金稼ぎという内容と同時に一瞬で音楽にも惚れ込み、
サントラはCD屋で見つけたときに即購入したことを覚えています。
まあ、あの音楽を何の前知識もなしに聞いてアニメとわかる人は
恐らく絶対いないと思われます。
歌も入ってない完全インスト曲ですし。

と言ってもOPがインストのみのアニメ作品と言うのにはルパン三世という
大先輩が存在し、おそらくはそれへのオマージュもあったんでしょうね。
内容はともかく作品の雰囲気も明らかに似たものがありますし。

まあとにかく、このTank!はCDコンポが壊れるまで聴き続けた
人生の中でも最も思い出深い曲の一つに数えることが出来ます。

ELLEGARDEN BEST(1999~2008)

ロディックパンクバンドのELLEGARDENの代表曲が集められたアルバムです。エルレを聴いている人なら誰もが持っている代表的なアルバムでしょう。

エルレを聴きはじめるのに最適なアルバムになっています。曲を紹介すると、My Favorite Songは、初期の代表的な曲で、最初のかき鳴らすようなリフが印象的な曲です。風の日は、ほとんど日本語詞の曲で、ギターソロが非常に格好いいです。Middle Of Nowhereは、前の二曲とは違ってゆっくり目の曲で、英語の繊細な歌詞が特徴です。How We Used To Beは、リフなどのギターのテクニックがふんだんに利用されている曲です。ジターバグは、学生などが一番コピーしているような曲で、エルレの代表的な曲です。金星は、この世の中で本当に大事なものは何なのかを追求した感動のバラードです。So Sadは、別れた彼女を回想する激しくも悲しい曲調の曲です。Supernovaは、明るい曲調ですが、歌詞はひたすら悲しくて、不思議な雰囲気を味わせてくれる曲です。スターフィッシュは、単純なリフから入って、夢見るような詩やメロディが印象的です。Make A Wishは、弾き語りから入って、最後に一気に激しいパンク調になる構成が印象的な曲です。Pizza Manは、曲中の掛け声がライブで盛り上がりそうな明るい曲です。Red Hotは、早めの曲調で、気分を引き立たせてくれるような曲です。虹は、日本語詞になっていて、シンプルで激しい曲になっています。Marry Meは、好きだった彼女が結婚するのを見ているという悲しい状況を明るいメロディに乗せた印象的な曲です。この他にも、エルレの有名な曲がうまくまとめられている一作になっています。

CD買取業者はけっこうある

私はもともと物が捨てられないタイプでした。

なんでもまたいつか使うかもしれない、と思うと捨てることができませんでした。

子供が大きくなり着れなくなった服までも、捨てるのには決心がいりました。

紙袋や包装紙もたくさんとってありました。

しかしテレビで断捨離の特集を見て、気持ちが変わりました。

家じゅう全ては無理かもしれないけれど、少しずつ私も断捨離がしてみたいと思うようになりました。

そこでまずはキッチンからやってみました。

キッチンなら自分だけの判断で断捨離できるので、一番やりやすそうだったからです。

そしてキッチンの中でも、食器棚から始めることにしました。

4人家族なのにたくさんのお箸やスプーン、フォークやナイフがあります。

グラスやマグカップ、お皿やお茶碗も何人家族かと思うくらい出てきます。

大変心苦しかったのですが、もう随分長い間使っていない物は捨てることにしました。

中には何年も何年も使ってない物も、たくさんありました。

今まで使っていなかったのですから、それらの物がなくなってもなんの不自由もありませんでした。

むしろ、すごく気持ちがいいのです。

食器棚にぎゅうぎゅうに詰められていた今までとは違って、食器棚全体の空気が動き出したような感じです。

出し入れもすごく楽ですし、出したものは直ぐに片づけるようになりました。

私は断捨離ってこんなに気分がいいものなんだぁと初めて気が付きました。

それからも少しずつ断捨離をススメています。

今はクローゼットに取り掛かっています。

音楽好きの私のクローゼットからはたくさんのCDが出てきました。

現在でもCDは買い取りをしてくれるのか疑問に思い、ネットでCD買取業者を調べてみました。

http://おすすめcd買取.net/

さすがに8cmシングルCDは買取不可のお店が多いようですが、マキシシングルやアルバムなどであれば買い取ってくれるお店はたくさんありました。

買取価格を調べて売る業者を比較したいと思います。